不破源六廣綱から六代目の不破篤敬著「不破氏家牒」全文

 不破氏家牒」の原本は全長10mにもなる長大な家系図で、著者は不破源六廣綱から7代目の不破篤敬(あつたか)寛永~享保の人が不破源六時代の竹ヶ鼻城て籠城戦を戦った先祖を持つ古老の話をまとめたもの。
 羽島市船橋出身の不破橘三氏は東大工学部卒業後、東電-マツダ電球-東芝に勤務しました。工学博士「不破橘三」(ふわきつぞう)氏が東大図書館にあった「不破氏家牒」の原本を書写(昭和10年ごろ)。これが東大歴史編纂室に保管されていた。
 不破橘三氏の業績は1939年(昭和14年)マツダ電球時代に「内面つや消し電球」の発明や「ガラス体温計」を発明した優れた工学博士で、歴史家でもありました。
 元・羽島市歴史民族資料館・映画資料館館長の後藤昌美氏が、東京大学図書館で、現在ネット公開中の「不破氏家牒」を発見され、研究会で供覧されました。ここに全文をご紹介いたします。(白紙の頁は省きました)








                 4頁 一枚白紙


































































                   21-22頁 2枚白紙






            25頁 2枚白紙



            27頁 2枚白紙























           33-34頁 3枚白紙



















            40頁 1枚白紙









































            50頁 1枚白紙





不破篤敬著「不破氏家牒」全文・・・おしまい